妊娠度チェック | 妊活応援総合ポータルサイトmamanote(ママノテ)

妊娠度チェック

妊娠度チェック「女性」

Q1

年齢を選んで下さい。

性交渉して妊娠する確率は29歳以下の女性でも20~25%といわれています。
なかなか妊娠にいたらない方の多くは若い時から生理痛がひどかったり生理不順で生理がずっと来ていないという方もいらっしゃるようです。
また、冷えや肩こりや腰痛など妊娠とは関係なさそうなものも、実は大きく関係しているものであったりするので、妊娠を希望した時にすぐにできるように普段から体調管理や食事や睡眠などの生活習慣には気をつけましょう。

30代前半では性交渉して妊娠する確率は15~20%といわれています。
また35歳を過ぎると急激に妊娠率は低くなり10%以下といわれています。
なかなか妊娠にいたらない方の多くは若い時から生理痛がひどかったり生理不順で生理がずっと来ていないという方もいらっしゃるようです。
また、冷えや肩こりや腰痛など妊娠とは関係なさそうなものも、実は大きく関係しているものであったりするので、妊娠を希望した時にすぐにできるように普段から体調管理や食事や睡眠などの生活習慣には気をつけましょう。

35歳を過ぎると急激に妊娠率は低くなり10%以下といわれています。
なかなか妊娠にいたらない方の多くは若い時から生理痛がひどかったり生理不順で生理がずっと来ていないという方もいらっしゃるようです。
また、冷えや肩こりや腰痛など妊娠とは関係なさそうなものも、実は大きく関係しているものであったりするので、卵子の質を上げるには日々の普段から体調管理や食事や睡眠などの生活習慣には気をつけましょう。
また、婦人科系疾患が無いかどうかや妊娠に不向きな状態でないかを確認する意味でもクリニックで検査をし、認しやすい状態にしていくために体質改善を専門の治療院やサロンですることが妊娠への準備となりますので是非一度お近くの認定治療院・サロンにご相談ください。

35歳を過ぎると急激に妊娠率は低くなり10%以下といわれています。
40歳以上となると5%以下。100人いたらたったの5人しか妊娠にいたらないという数字です。
なかなか妊娠にいたらない方の多くは若い時から生理痛がひどかったり生理不順で生理がずっと来ていないという方もいらっしゃるようです。
また、冷えや肩こりや腰痛など妊娠とは関係なさそうなものも、実は大きく関係しているものであったりするので、卵子の質を上げるには日々の普段から体調管理や食事や睡眠などの生活習慣には気をつけましょう。
また、婦人科系疾患が無いかどうかや妊娠に不向きな状態でないかを確認する意味でもクリニックで検査をし、認しやすい状態にしていくために体質改善を専門の治療院やサロンですることが妊娠への準備となりますので是非一度お近くの認定治療院・サロンにご相談ください。


Q2

現在どのような妊活をされていますか?

タイミング法でも体質改善、卵子・精子の質を改善していくことで十分妊娠する可能性はあります。
しっかりと排卵されているか?卵管は通っているか?などの検査が必要な場合があります。

「男性側の精子に問題がある 」、「射精障害や性交障害がある 」、「精子と頸管粘液が不適合 」、「原因不明の機能性不妊」などがあった場合に適応となります。
卵子の質・精子の質を向上させるためにも日々の生活習慣を見直してみましょう。

体外受精は、女性の卵巣の中から採り出した卵子と男性から採取した精子を混ぜ合わせ、受精させ、受精卵を子宮に移植する方法です。
人工授精で妊娠に至らなかった場合など難治性の不妊に対し有効な治療法になりますが、身体的にも経済的にも人工授精より負担が大きくなります。
卵管が詰まっていて卵子が精子と出会えない女性や、運動する精子の数が少ない男性、精子の動きが悪い男性などに向いています。

顕微授精とは、顕微鏡を用いて卵子に直接精子を注入して受精させる方法で、主に卵細胞質内精子注入法(ICSI イクシィ;Intracytoplasmic sperm injection)が行われます。
体外受精が受精そのものには人の手を介さず自然に任せる方法であるのに対し、顕微授精は人の手によって受精させます。
このように体外受精と顕微授精とでは受精方法が異なりますが、採卵、培養、移植などは同じです。
精子に受精障害(乏精子症、精子無力症、無精子症など)がある場合でも受精させることができるため、体外受精で妊娠に至らなかった場合に行われます。


Q3

生理周期が安定しない。

月経の間隔が長い(39日以上あく)またはほとんど来ない(90日以上あく)方、逆に極端に短い(24日以内に来る)方は排卵をしていない可能性があります。
極端な肥満・やせ過ぎでも月経周期の異常が起こる可能性があります。


Q4

月経の量が極端に多い、あるいは長い(8日以上)、または短い(2日以内)。

月経の量が極端に多い、あるいは8日以上などの場合、子宮筋腫などで子宮の内腔(受精卵が着床するところ)の形が変形していることがあります。
逆に月経の量が極端に少ない、あるいは短い(2日以内)方は月経があっても排卵していない可能性があります。


Q5

月経の際の痛みが若いころに比べてどんどん強くなる、月経時に下痢をいつも起こす、あるいは性交時に以前はなかった痛みがある。

月経の際の痛みが若いころに比べてどんどん強くなったり、月経時に下痢を起こす、性交時に以前はなかった痛みがある、などは子宮内膜症の症状の可能性があります。
子宮内膜症は不妊症のリスクになる病気です。


Q6

クラミジアや淋菌といった性行為感染症にかかったことがある。または以前に骨盤腹膜炎を起こしたことがある。

クラミジアや淋菌といった性行為感染症にかかったことがある場合や、骨盤腹膜炎を過去に起こしたことのある場合は主に卵管が原因の不妊症になる可能性があります。


Q7

子宮筋腫、子宮内膜症、チョコレートのう腫と言われたことがある。

子宮筋腫、子宮内膜症と言われている場合、婦人科へ早めの受診をお勧めします。
子宮内膜症によるチョコレートのう腫がある場合には、卵子の老化が進むこともあると言われています。


Q8

飲酒や喫煙の習慣がある。

飲酒や喫煙は直接妊娠率に大きく影響することはありませんが、血行の悪さは妊娠のために必要な身体の機能に悪影響があります。
妊娠してから禁煙したのでは、喫煙の影響を完全にゼロにはできません。
妊娠を望む場合は、直ちに控えることをお勧めします。


Q9

夜寝付きが悪い、起きてしまうなど、睡眠の質が悪い。

睡眠の質は卵子の質に大きく影響を与えると言われています。
体外受精では、睡眠の質が悪くなることで、受精率が低下するという報告もあります。
夜は早めに就寝し、朝は決まった時間に起きるようにするなど、体内時計を整えるようにすることが大切です。

妊娠度チェック「男性」

Q1

年齢を選んで下さい。

男性は35歳以上の場合、精子の老化やDNAの損傷など、流産や胎児異常に関わる影響が出てくると言われています。

男性は35歳以上の場合、精子の老化やDNAの損傷、流産や胎児異常に関わる影響が出てくると言われています。

男性は35歳以上の場合、精子の老化やDNAの損傷など、流産や胎児異常に関わる影響が出てくると言われています。


Q2

小さい頃にヘルニアの手術や、停留睾丸の手術を受けている。おたふく風邪のあと、高熱が続いたり、睾丸炎を起こした事がある。

停留睾丸の手術を受けている場合、精子を運ぶ管が詰まったり、精子の数が少なくなることがあります。
睾丸炎を起こした既往がある場合、精子をつくる力が低下している場合があります。


Q3

糖尿病である。

糖尿病は、軽度の場合には勃起障害や射精障害などの性機能障害を起こす可能性があります。
病気が進むと精子をつくる力そのものが低下します。


Q4

ウォーキングなどの軽めの運動(メタボ対策)をしていない。

肥満が進むと精液量、精子数に加えて精子濃度に関して 異常値の割合が高くなると言われています。
The relationship between male BMI and waist circumference on semen quality: data from the LIFE study
(男性のBMI、腹囲と精液所見の関係:LIFE研究のデータより)


Q5

1日3食、不規則な食生活を送っている。

高脂肪、赤肉や加工肉、精製した小麦などの穀類、お菓子や糖分の多い飲料等を摂取する割合が高い食事は、精液所見の低下と関係しているという報告もあると言われています。
オメガ-3脂肪酸や、葉酸、ビタミンB12、亜鉛を摂るようにしましょう。


Q6

睡眠時間が7時間以上取れていない。

睡眠時間が7~7.5時間の場合、精子には最適と言われています。
逆に9時間など寝すぎも良くないようです。
睡眠の改善によって精液所見の改善も見込めるため、睡眠時間が少ない方はできるだけ睡眠を取れるよう生活を見直してみてください。


Q7

熱めのお風呂や長風呂・サウナが好き。

熱めのお風呂や長風呂・サウナは股間を高熱にさらすことになります。
精子をつくる精巣は、熱に弱いため造精機能に悪影響を及ぼします。
妊活を始める場合は、熱めのお風呂や長風呂・サウナは控えた方が良いでしょう。


Q8

自転車、バイクに頻繁に長時間乗る。

自転車、バイクに長時間乗ることでEDになる可能性が高まります。


Q9

タバコを吸う。

タバコを吸うと血管が収縮して血流が悪くなり、ED(勃起不全)になる 可能性があります。
また、精子の数・運動性の良い精子が減少したり、酸化ストレスで精子のDNAが損傷する可能性もあります。


Q10

育毛剤(飲み薬)を使用している。

育毛剤の中には、精子所見が悪くなるものもあります。子供を授かる場合、使用をやめると精子所見が良くなったという報告もあります。


Q11

男性不妊と診断された

「精子の数が少ない」、「精子の運動率が悪い」、「精子形態異常」といった、精子に問題があって妊娠できないケースを男性不妊といいます。
こうした場合、精子の質の改善をおこなっていきます。また人工授精・体外受精・顕微授精の適応となります。
ご自宅でできる簡易精子検査サービスを取り扱っておりますのでご相談ください。

簡易精子検査キットのお申し込みはこちら→

男性不妊専門クリニックをご紹介することが可能ですのでご相談ください。

タンポポ茶ショウキT-1
棗参宝(そうじんほう)
松康泉(しょうこうせん)
紅景天(こうけいてん)
ショウキD-30
温灸器
膣内フローラ検査キット